仮想通貨関連

BIT-Zの投票機能の使い方!VTC購入の仕方を解説!

更新日:

どうもyoakeです。

BIT-Z(ビットジー)登録の仕方!使い方!入金・出金・送金の仕方を解説!」の記事で少し触れたvote(投票)機能を紹介していきます。

Bit‐z(ビットジー)のvote(投票)機能は、Bit‐zに上場していない仮想通貨銘柄に対してユーザーが投票を行い、一定の投票が集まるとBit‐zへの上場が決まる!といった機能になります。

voteのルールは、以下通りになっています。※今回は、iXledger(IXT)の投票を例にしています

【Google翻訳利用】

投票ルール

・投票開始日:2018年5月29日15:00
・投票締め切り:2018年6月5日15:00
・投票範囲:50 VTC - 1,000 VTC
・目標投票数: 2,000,000VTC
・ボーナス:465,000 IXT

投票が目標を達成した場合、Bit-ZはIXTを起動します それが利用可能になるとすぐに。ボーナスは、議決権の重みに従って支持者に配布され、VTC は返還されません。

目標の目標が達成されない場合、投票されたVTCは追加の報酬なしで完全に払い戻されます。

私たちはすべての潜在的なデジタル資産の開発をサポートしており、議決権を市場やコミュニティのトレーダーに還元したいと考えています。

vote機能のポイントは2点です。

①一定の投票が集まらず、目標が達成されなかったとしてもVTCは全額払い戻しされる。※VTCとは、vote(投票)で利用する銘柄です。

②目標が達成した場合には、ボーナスとして上場した銘柄が投票したVTCに応じて付与される。

iXledger (IXT)の場合ですと、2,000,000 VTCが目標数値でボーナスが465,000IXT。1VTC当たり0.2325IXTが付与される計算になります。最大1,000VTCを投票した場合には232.5IXTがボーナスとして付与される事になります。

ボーナスで付与される銘柄、投票するVTCの価格によって違いがありますがiXledger (IXT)のケースでいけば、あまり得とは言えない状況です。

ですが、自分の推している銘柄をBit‐z(ビットジー)へ上場させたい・少し購入したいけど購入できる環境ではないといった場合など利用する場面もありそうです。

前置きは、長くなりましたが投票機能の仕方を説明していきます。

スポンサーリンク

アドセンス

BIT-Z(ビットジー)VTC購入の仕方

前置きでも触れていますが、投票するにはVTCが必要となります。

このVTCは、現在DKKTのみ購入する可能となっているため、購入手順は以下の通りになります。

①BTC・ETH・GXSをDKKT建てで売却

②DKKTでVTCを購入

画像付きで手順の説明をしていきます。

①BTC・ETH・GXSをDKKT建てで売却

今回は、BTC→DKKTの流れで説明していきます。

 

BTC/DKKTの取引画面を表示させます。

売却したい価格・数量を入力して「sell BTC」をクリックします。

これでBTCを売却しDKKTへ換えます。

②DKKTでVTCを購入

 

VTC/DKKTの取引画面を表示させます。

購入したい価格・数量を入力して「buy VTC」をクリックします。

これでVTCの購入が完了です。

スポンサーリンク

アドセンス

BIT-Z(ビットジー)投票の仕方

BIT-Zでの投票の仕方を説明していきます。

上のメニューの「vote」クリックします。

投票したい銘柄を選択し「Detail」をクリックします。

投票の状況も表示されており、100%に達すると投票終了となります。

投票したい数量のVTCを入力して「vote」をクリックします。

これで投票が完了となります。

後、どれくらい投票できるかは「i can vote」の部分で確認する事ができます。私は試しに1000VTC投票したので0VTCと表示されています。

また、こちらの画面から投票したい銘柄の公式サイトやホワイトペーパーを確認する事が出来ます。

どんな仮想通貨の投票がされているのか気になるという方は、こちらを参考に。

 

ちなみに、投票した後のVTCはfrozen(凍結)となり、動かせない状態になります。

投票が終了した後の結果で投票数が満たない場合には凍結が解除され、元に戻ってくる。

投票した銘柄の上場が確定した場合はVTCは無くなり、代わりにボーナスが付与されるといった流れになるのだと思います。

 

まとめ

以上が、BIT-Zの投票機能の仕方・VTC購入の仕方の説明になります。

BIT-Zの上場が決定すると価格は上昇する可能性が高く、また上場後も価格上昇が見込まれます。

投票して付与されるボーナスはあまり多くないため、大きな利益を出せる!という可能性は正直低い気がします。ですが、上場後に何倍にも跳ね上がったりする可能性もあるので、気になる銘柄がある場合にはBIT-Zの投票機能を利用してみるのも有りかと思います。

それでは。

 

GMOコイン

アルトコイン訴求

日本の仮想通貨取引所でGMOインターネット(東証一部上場)グループで培われた金融サービス提供のノウハウを活かし、堅牢なセキュリティと管理体制のもと、安心してビットコインのお取引ができる環境を提供しています。

取扱通貨は、BTC,ETH,BCH,LTC,XRPの5種類が現物取引で売買することが出来ます。

bitbank(ビットバンク)

現在全ペア手数料‶ゼロ“キャンペーンが実施中!お得に取引が出来ます!

取扱通貨は、BTC,XRP,LTC,ETH,BCH,MONAの6種類。

オフラインのコールドウォレット採用しておりマルチシグでハッキング対策も万全です。チャートも見やすく使いやすい!国内でXRP(リップル)を買うならココがおすすめです。

zaif【ザイフ】

他の取引所では、あまり扱いがないトークンを取扱っている取引所です。zaifトークンやCOMSAなど日本ではここでしか取り扱いがない銘柄が多数あります!

以前はサーバーの問題もありましたが現在はサーバー強化がされたみたいで安定しており手数料も安いため、おすすめです!

アドセンス

アドセンス

  • この記事を書いた人

yoake

貯金の半分を仮想通貨に換えた会計事務所勤務の20代後半。 チャイナショック・コインチェック事件を経験。 群馬県出身で未だに、新卒と間違えられる年齢詐称男(外見的にもそろそろ大人になりたい) 最近は、カメラ・英語の勉強を始めようかと悩み中。 地元の友人達と、ブログ(はぐある)を共同運営している。

-仮想通貨関連
-,

Copyright© Tax Coffee , 2018 All Rights Reserved.